Land of Lisp の Kindle(mobi) ファイルを改善する

Land of Lisp いう面白い本があるわけです。Land of Lisp: Learn to Program in Lisp, One Game at a Time!作者: Conrad Barski M.D.出版社/メーカー: No Starch Press発売日: 2010/11/02メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る翻訳本Land of Lisp作…

るびまのKindle化完了(54号まで)

Kindle化、次はいよいよ sicp-j (和田版)の仕上げをするか、RHGの手直しとするか。読む本はKindleに丸々1年困らないくらいのキューができているのだが。。

パーフェクトRuby 読書録

コーディングスタイル 有名どころは3つらしい Rubyコーディング規約 LoveRubyNet Wiki: RubyCodingStyle Styleguide | Ruby · GitHub ググると github のものが出てきた。 GitHub - bbatsov/ruby-style-guide: A community-driven Ruby coding style guide …

Ruby Reference Manul を Kindleファイルにしてみた

ruby-list メーリングリストに投稿 [ruby-list:50379] Ruby 2.3.0 Reference Manual for Kindle したが、Ruby Reference Manual を Kindle 化してみた。以前 Amazon CAPTCHAを読んだ際、『次はリファレンスマニュアルを読むこと』といった記述があったのを記…

公開されている C++11の文法と機能 をKindleファイルへ変換してみた

ここ何年もC++は使ったことがなかったが、偶然 本の虫: C++11参考書の公開:C++11の文法と機能 を発見。 https://github.com/EzoeRyou/cpp-bookで内容が公開されているとのことであるので、kindle.rb の使い方を思い出すのも兼ね、Kindle形式(mobiファイル…

たのしいRuby 第5版

図書館にあった たのしいRuby 第5版 を読む。 手元の本は第2版で1.8が対象だったのだが、1.9以降のStringの仕様変更の理解がずっと浅いように感じているので、第3部を中心に落ち穂拾い的にあちこち読んで見る。 以下気になった点のメモ。1.8でもあったものか…

pdf ファイルからイメージファイルを取り出す(ruby, poppler)

ruby で pdfファイル内のテキスト、図の情報を取り出すのをどうするか。 簡単なのは poppler みたいなので、試して見る。 poppler 自体は他の gem のインストール時に勝手に入っているので問題なし。 ただし日本語を含むものはエラーが出るので poppler-data…

Rubyの組み込みクラスの一覧を表示してみる

組み込みクラスの一覧を表示してみたいと思い立った。考えたのは Objectの定数一覧取得 それぞれの定数からクラスを得る そのクラスがClassであれば、組み込みクラス [8] pry(main)> puts Object.constants.select { |x| Kernel.const_get(x).class == Class…

Windows版Rubyでp メソッドが文字化けする件の回避(-Uオプション)

いわゆるprintfデバッグに相当する pメソッドなのだが、漢字が正しく表示されない。 例えば class Tel def initialize(number, name) @number = number @name = name end end kyoto = Tel.new('075', '京都市') p kyoto を実行すると、ruby 1.9からだったと…

廉恥 - 今野敏

いつもの今野敏。 出てくる人物像は似通ったものだが、それはそれで良し。中ほどに出てくる 昔は、「恥を知れ」と、よく言われたものだ。それが日本人の美徳だったと思う。 罪を犯すかどうかについて、一神教の世界では「神が見ている」という抑止装置がある…

陽気なギャングが地球を回す - 伊坂幸太郎

久しぶりの伊坂幸太郎。 各節の最初にある辞書がなかなかおもしろい。陽気なギャングが地球を回す (ノン・ノベル)作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2003/02メディア: 新書購入: 5人 クリック: 33回この商品を含むブログ (354件) を見る

凍りの掌 - おざわゆき

絵柄と内容とギャップが大きい。第二次大戦末期におけるソ連の日本に対する動きは 日ソ不可侵条約を一方的に破棄 日本の占領地へ侵攻。北方領土もその対象 捕虜を強制労働させていた のようなおぼろげな知識しかないのだが、国際法の常識(といったものがあ…

マンガでJavaScriptがわかると思っているのかお前は

良いなこれ。 次が楽しみ。是非続けてほしい。www.comico.jp

はてなブックマーク Firefox拡張Add-onサイドバーの問題

はてなブックマークサイドバーを常用しているのだが、いつからかタグをクリックしてもブックマーク一覧が変わらなくなった。ブックーマーク下部の「全体から検索」で掘り起こすことはできるが、使い勝手が頗る悪い。 Firefoxのブックマークに移行を試すが、…

黄色い泉, 霧が晴れた時 - 小松左京

十代後半、小松左京を読みふけった。 古本市でちらほら見かけることがあり、何冊か購入し、ぼちぼち読み始める。 知っているのもあり、知らないのもあるが、相変わらず氏の博識さには驚かされる。 また文章の質というか印象が最近読む小説とは一味違う。霧が…

新プログラミング環境 C#がわかる+使える

C#のコードを読む必要があって改めて学習開始。オライリーの本は大きくて持ち歩きに難があってこちらとする。 はっきり言って今更1.*でも無いだろうけど。新プログラミング環境 C#がわかる+使える (@IT技術叢書シリーズ)作者: 川俣晶出版社/メーカー: 技術評…

ものづくりのイノベーション「枯れた思考の水平思考」とは何か?

ゲームウォッチ、ゲームボーイの開発者であること。何かの折に目にする名前であること。くらいだった横井軍平氏。 「横井軍平」の言葉としてまとまった形で読めたのは良かった。 以前に読んだ覚えのある話、重複もあるが、それは気にならない。 とくにコトの…

ピアニストの毎日の基礎練習帳

まだ自分には早いレベル。 メトードローズ、ハノン20番までのあとにトライしょうピアニストの毎日の基礎練習帳作者: 岩崎淑出版社/メーカー: 春秋社発売日: 2011/04/30メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 5人 クリック: 113回この商品を含むブログ (6件)…

用もないのに

共感できるところが多いエッセイ。 結果論で言うわけではないが、わたしはこうなる気がしていた。星野監督は五輪前に「ベースボールのすばらしさを世界に伝えたい」とのたまっていたが、わたしはこのチームの戦いに魅力を感じたことは一度もなかった。美しさ…

江口寿史の正直日記 (河出文庫)

日記形式は内容もしくは著者そのものに興味がないと読みづらいものだと認識。 山上たつひこ氏とのやりとりは面白かった。江口寿史の正直日記 (河出文庫)作者: 江口寿史出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2015/06/05メディア: 文庫この商品を含むブログ (…

劇場版猫侍

つい先日映画を観たところ。 ドラマ1, 2では浪人になった経緯が省かれていて、落ち着かない感があったが、これで解決。劇場版 猫侍 (TO文庫)作者: 森川秀樹,永森裕ニ(原案)出版社/メーカー: ティー・オーエンタテインメント発売日: 2014/02/01メディア: 文庫…

星守る犬

悲しい話。ただ、少し不自然さがあって完全に感情移入することは難しい。星守る犬作者: 村上たかし出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2009/07/07メディア: 単行本購入: 35人 クリック: 368回この商品を含むブログ (195件) を見る

鉄道員(ぽっぽや)/ラブ・レター

ネット検索で引っかかったもの。 鉄道員、映画は観たが原作はまだ読んでいない。 高倉健は良かったが、全体としてはこちらの方が印象深い。 小説の映画かに際しては、時間制約のある中でどう取捨選択が肝要なのだろうと思う。 ラブレターは展開にちょっと無…

真夏の方程式

映画を先に見ていたのでストーリーは頭に入っていたが、細かなや描写はやはり小説がはるかに優る。 容疑者Xの献身でも感じたが、ガリレオに関しては映画は脚本・演出のクリオリティが低いのではないか。真夏の方程式 (文春文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカ…

自覚

隠蔽捜査5.5。 0.5は短編なのだろうか。いつもの竜崎署長。自覚: 隠蔽捜査5.5作者: 今野敏出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/10/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る

日曜日の夕刊

短篇集だが、一話一話がほっこりする。うまいなぁと思う。日曜日の夕刊作者: 重松清出版社/メーカー: 毎日新聞社発売日: 1999/11/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (8件) を見る

バカの壁

通勤途中に読み始めたのだが、途中から面倒くさくなって中止。 結構売れた本だったと思うが、アホの壁の方が自分的には合う。バカの壁 (新潮新書)作者: 養老孟司出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/04/10メディア: 新書購入: 13人 クリック: 371回この商品…

冷たい密室と博士たち

シリーズ第2巻。 解説に「コンピュータ用語」とあるが、Unixに慣れていればごく普通の範囲。 むしろセキュリティ的にどうなのかと思うくらい。 書かれた当時はそれほど懸念されてなかったのだろうか?冷たい密室と博士たち (講談社文庫)作者: 森博嗣出版社/…

すべてがFになる

すべてがFになる (講談社文庫) 森博嗣のシリーズもの全10巻?の最初。 古本市で調達したものが4冊ほどあって、読み始める。 全部読むかどうかは。。すべてがFになる (講談社文庫)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 1998/12/11メディア: 文庫購入: …

弥勒戦争

最初に読んだのは大学のときだったか。 当時のSFには戦中・戦後の話題がちらほら出てきた記憶があって、これもその一つ。 「光クラブ」というのを知ったのもこれだったか【新装版】弥勒戦争 (ハルキ文庫 や 2-28)作者: 山田正紀出版社/メーカー: 角川春樹事…