読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのvi & Vim

とあるRubistの集まりで周りはすべてMacbook。エディタはなにかと聞くとVimとのこと。 ドットインストールの「ローカル開発環境」でもCentOSのVimを利用することもあって、読み始める。 その昔はΣワークシテーションでviを使っていたのを思い出す。。 はじめ…

思い出のマーニー

東京へ日帰りの車中で読了。 ジブリで映画かされたものの原作。イギリスの作家のファンタジー。 ハウルにしろ、アリエッティにしろ、ジブリはイギリスのファンタジーへの指向性が強いように思う。 児童文学そのものがイギリスに良質のものが多いのかもしれな…

amazon, e-hon, honto

使い分けを考えてみる。 amazon 欲しいものリスト作成 書評の確認 マーケットプレイス Kindle本 e-hon 自宅近くの書店で受け取れる 図書カードが利用可能 honto 会社の近くのジュンク堂(そこそこ大きい店舗)で利用 内容を実際に確認してから購入 図書カー…

敵は海賊・短篇版

これも前から気になっていた本で、衝動的に図書館の予約リクエストした。 狐と踊れ(新版)から、こちらに移っているとのこと。 そのうち続きを長編で。 敵は海賊・短篇版 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2009/08/30メディ…

イン・ザ・プール

前々から気になっていた本を古本市で入手。 なかなかおもしろい。そのうち続編を読もう。 イン・ザ・プール (文春文庫)作者: 奥田英朗出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2006/03/10メディア: 文庫購入: 20人 クリック: 267回この商品を含むブログ (472件) を…

王様ゲーム

古本市で入手した本。一応最後まで読んだのだが・・ Amazonレビューでもかなり厳しい評価。モバゲー小説?というものであるのを始めて知る。 続編を読む気になれず、次の古本市の交換本の筆頭。 王様ゲーム作者: 金沢伸明出版社/メーカー: 双葉社発売日: 200…

Effective Ruby

Effectiveシリーズ(と言ってよいのかどうか。作者も異なるし)のRuby版。 なかなか良い本だと思う。。が、価格が高い。 技術書の場合、基本印刷書籍を買うので今回もそうしたが、Kindle版の方が良かったかもしれない。 Effective Ruby作者: Peter J. Jones,…

Rubyのしくみ - Ruby Under a Microscope

類書にはRHGがあるものの、既に絶版で、対象もRuby1.*(確か1.6)ということで、1.9以降導入されたYARVも含む内部説明としては始めてなのでは。 英語版PDFはネットで公開されている。英文そのものは読み易く、すらすら読み進められる。 日本語版は各所に補足…

小説はしばらく休むか

日本に帰ってきてから小説を読み続けてきたが、ちょっと息切れ。 WOWOWの録画も溜まってきて時間がとれない。 基本日本のTVはニュースかドキュメンタリー、局はほぼNHKという状況で、プライベートも時間は取れるはずだが、絶対時間が足りない。 ということで…

消失グラデーション

年度末の忙しい時期の通勤途中読書の本としては、やや重めだったが、なんとか読了。 「こうなるのか」という意外な展開。同一主人公による続編(かどうかは不明)もあるようなので、時間が取れれば読んでみようかというところなのだが、Amazonのレビューでも…

逆風の街

横浜みなとみらい署暴力犯係の続編。 気分転換に丁度良い短篇集。 逆風の街作者: 今野敏出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2003/12/17メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る

禁断/防波堤 - 横浜みなとみらい署暴対係

ここのところ、コンピュータ関連の本ばかりだったので、図書館に立ち寄った際に今野敏を本を調達。 このシリーズは未読だったのだが、設定としては安積班に似たところがあり、既視感あり。 禁断 横浜みなとみらい署暴対係作者: 今野 敏出版社/メーカー: 徳間…

『初めてのRuby』再読

以前読んだときはまだ1.8で、書きためたスクリプトの修正が面倒で1.9への移行を見合わせていた状況で、1.9の箇所はほぼスルー。 結局昨年になりってから1.9をスキップして2.0へ。2.1も出ていたがASR版のirbの行編集に難点があり2.0を採用。 最近Rubyのwebペ…

妖怪アパートの幽雅な日常(ラスベガス外伝)

世界旅行中にラスベガスに立ち寄るという特別編。 最寄りの図書館で知ったのだが著者の香月さんが亡くなられたとのこと。 もう続編は出てこないのだなとしみじみと思う。 妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)作者: 香月日輪出版社/…

iPhone6が戻る

数日で届いたのは有りがたかったが、ガラスの交換では済まなかったということで本体交換となった。 検査の結果・・とあったが、返却する前はタッチパネルも動作していて表示部の欠陥も(見る限りは)なかったので、少しもやもやする。 金額は3万超。初期購入…

iPhone6のガラスが割れる

会社のロッカー前でイヤホンをつなごうとしているうち、うっかり落としてしまった。 落ち方が悪かったのか、かなりひどくヒビが入ってしまい、操作する際、切り口に指が引っかかる状態。 即日修理の業者もあるようだが、Appleストアで修理を依頼することにし…

虚像の道化師

ドラマの最後のシリーズ?の原作に相当するもの(のはずと思う) ドラマの脚本とは微妙に違うように思うが、やはり小説のほうが良い。 しかし、相変わらず日本のドラマは見る気が起きない。 虚像の道化師 ガリレオ 7作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋…

ウイスキーと私

大本は日本経済新聞の私の履歴書とのこと。 それが一旦非売品の単行本としてまとめられたものを海底復刻したもの。 NH連続テレビ小説『マッサン』のモデルだということが、テレビはかなり脚色されている模様。 これまでニッカは何故か安いウイスキーという印…

留学しないでネイティブ英語を身につける方法

家族が図書館で借りた本。 フォネティクの本が紹介されているので、e-honでポチる。 実践ビジネス、NHK World News Podcast、DLife/Wowow ドラマ、映画などを進めているが、多少inputが溜まってきたかなと思う反面、outputが絶対的に少ないので、Twitterでつ…

アップル帝国の正体

『沈みゆく帝国』で紹介されていた本。両方合わせて読むと、Appleが他の会社とどのようなビジネススタイルで付き合っているかが書かれており、数年前?に『毒りんご』と言われていた理由の一端が理解できる。 もちろん著者の持つ情報、視点からなので絶対的…

5才からはじめるすくすくプログラミング

以前NHKだったかのテレビで紹介していたScratchを利用して、子供にプログラミングを教える?本。 ただしここでは5歳からということでScratchJrになっている。 iPadで動作するとのことだが、家族が持っているiPadはiOS6のままなので試せなかったのが残念。 5…

妖怪アパートの幽雅な食卓

るり子さんが「妖怪アパート」の様々な事件とそのときの食事のレシピを語っていく趣向の本。 自分で作りたいというところまでは行かない。作れるかどうかはさておき。 妖怪アパートの幽雅な食卓 るり子さんのお料理日記 (YA! ENTERTAINMENT)作者: 香月日輪出…

陰陽師(螢火ノ巻)

悪くはないが、ワクワクする感が少なくなってくる。 ここらでしっかりとした長編を読みたいところなのだが。 でも、陰陽師を読むと、いつも酒が飲みたくなってくるなぁ。 陰陽師 螢火ノ巻作者: 夢枕獏出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/11/15メディア: …

沈みゆく帝国

前半のスティーブ・ジョブズがなくなるまでの記述も良いのだが、この本の価値は中盤以降にある。 解説にもあるが、これまでの多くの本がスティーブ・ジョブズもしくはAppleのデザインに関する良い側面についてのものであったのに対し、少なくとも日本ではあ…

三匹のおっさん

ドラマを先に見ていていて、改めて書籍で読む。 ドラマの方も良かったですが、これも良いですね。どうしても俳優の顔が浮かんで来ますが、それはそれで良し。 また特別ドラマもあるそうな。楽しみ。 三匹のおっさん作者: 有川浩出版社/メーカー: 文藝春秋発…

古いPCの処分

Windows2000のPCをいつまでもおいておくわけにもいかず、捨てることに。 市の回収だと400円ほどかかるみたいだが、一般業者がたまに無料回収しているのを狙う。 とは言え、OSとデータは削除しておきたいので、いろいろ試したが、なにせPCが古く、vectorの最…

半七捕物帳  岡本綺堂

イギリス赴任時、Kindle Paper Whiteで読ませていただきました。 Kindle版を公開している方に感謝です。 これもきっかけになって、いろいろな文書をKindleの電子ブック形式(?)に変換することをはじめた次第。 主にrubyを使うので、kindle.rb なんてサポー…

だから、「仕事がうまくいく人」の習慣

何年かぶりに読む。肝は前著のまとめになる1章。 以降の「デジタル」に関する記述はさすがに古さを感じる。 ただ全体の内容はGTDにもつながる話で、つまるところ、仕事を効率よく進める基本は同じということか。 「仕事に優先度をつけるな。すぐにやれ!」 …

陰陽師(螢火ノ巻)

悪くはないが、ワクワクする感が少なくなってくる。 ここらでしっかりとした長編を読みたいところなのだが。 でも、陰陽師を読むと、いつも酒が飲みたくなってくるなぁ。 陰陽師 螢火ノ巻作者: 夢枕獏出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/11/15メディア: …

沈みゆく帝国

前半のスティーブ・ジョブズがなくなるまでの記述も良いのだが、この本の価値は中盤以降にある。 解説にもあるが、これまでの多くの本がスティーブ・ジョブズもしくはAppleのデザインに関する良い側面についてのものであったのに対し、少なくとも日本ではあ…

The Bourne Identity - Penguin Readers Level 4

映画とはかなり異なる。とういか、映画が原作を変更しているだけなのだが。 Level 4でも文章がどうも読みづらい。場所、人も押さえながら再読してみようと思う。 23,743語 Penguin Readers: Level 4 THE BOURNE IDENTITY (Penguin Readers (Graded Readers))…

Rubyリファレンスマニュアル Kindle化計画

Rubyリファレンスマニュアルを通読したいと思うのだが、Webベースで読むのがどうも面倒なので、電子書籍化(Kindle化)を試みることとする。 インターネット上のリソースのKindle化はいくつか実行したこともあるので、なんとかなるだろうと目論んでいる。 第…

Babe - The Sheep Pig - Penguin Readers Level 2

原作(17,342語)はPortsmouthの図書館の児童書コーナから借りて読んだ。 Retoldとしてはうまくまとまっていて、楽しめる。 7,378語 Penguin Readers: Level 2 BABE -THE SHEEP PIG (Penguin Readers (Graded Readers))作者: Dick King-Smith出版社/メーカー…

Apollo 13 - Penguin Readers Level 2

映画を見たことがあるのも理解を手伝ったが、あらすじとしてはなかなか。 8,119語。300万語まで、あと10万語。 Penguin Readers: Level 2 APOLLO 13 (Penguin Readers, Level 2)作者: Dina Anastasio出版社/メーカー: Pearson Japan発売日: 2008/07/27メディ…

Twenty Thousand Leagues Under the Sea / Rip Van Winkle and The Legend of Sleepy Hollow

Penguin Readers Level 1. 4,402語と3,700語。 The Legend of Sleepy Hollow は映画『Sleepy Hollow』の元になったもののよう。 Wikipediaによると『ニューヨーク北部の町で語り継がれている「ヘッドレス・ホースマン(首なし騎士)」の都市伝説』とのこと。3,…

仕事道楽 新版

著者はジブリの鈴木敏夫。 いりいろな媒体、本、雑誌、ラジオ(Podcast)『ジブリ汗まみれ』、映画『夢と狂気の王国』、テレビ『情熱大陸』などでも出ていることがうまくまとまっている。 どちらが先なのかはわからないけれど。 ジブリというか、鈴木敏夫、…

つくも神さん、お茶ください - 中止

この著者、以前『しゃばけ』を読み始めたものの、どうも最後まで読み進める気になれなかった。 今回はエッセイということで読み始めたが、書評のあたりまでは良かったのだが、その後どうも読み続ける気になれず、中止。 内容もあちこちに書いたものを集めた…

嘘をもうひとつだけ

加賀恭一郎シリーズの短篇集。 それなりに読めるが、さらっとしている。やはり長編が読みたいところ。 嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 2003/02/14メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 39回この商品を含むブロ…

David Copperfield - Penguin Readers Level 3

波瀾万丈の人生。 Charles DickensはPortsmouth市役所前の広場に銅像があった。 生家もあったが場所が離れていることもあって、結局行けないまま帰国。 12,213語 Penguin Readers: Level 3 DAVID COPPERFIELD (Penguin Readers, Level 3)作者: Charles Dicke…

Pele, Jennifer Ropez - Penguin Readers Level 1

CD付きでリスニング用と思ったが、先に読んでしまった。 1,983語 Penguin Readers: Level 1 JENNIFER LOPEZ (Penguin Readers, Level 1)作者: Pearson Education出版社/メーカー: Pearson Japan発売日: 2008/10/25メディア: ペーパーバックこの商品を含むブ…

ジブリの世界を創る

スタジオジブリのアニメーション世界には「少女性が」あります。その「少女性]が世界中の顧客を魅了することにつながっているのではないかと思います。そしてジブリのスタッフも確固とした「少女性]を身の内に持っている。 的確な表現だと思う。 ジブリの…

偉大なる、しゅららぼん

何というか、鴨川ホルモーと鹿男あをによしを足して二で割った感じ? この著者は森見登美彦と同時期に読み始めたのだけれど、多彩な印象があるのは森見の方かな。 ただユーモアとしてはこちらのほうが馴染みやすい。 偉大なる、しゅららぼん作者: 万城目学出…

Emma - Penguin Readers Level 4

実はJane Austenは好みではなく、ドラマもスルーしている状態。 こういう話が好きな人には丁度良いかもしれないけれど、そうではないので、なんとか読みきった感。 15,218語 Penguin Readers: Level 4 EMMA (Penguin Readers, Level 4)作者: Jane Austen出版…

Emil and the Detectives - Penguin Readers Level 3

Kindleで原書を買おうかと迷った本。 Retoldでも面白かったので、そのうちKindleで買うか。 13,158語 Penguin Readers: Level 3 EMIL AND THE DETECTIVES (Penguin Readers (Graded Readers))作者: Erich Kastner出版社/メーカー: Pearson Japan発売日: 2008…

Jumanji - Penguin Readers Level 2

これもRobin Williamsの映画。 Level 2のこの語数では雰囲気のみ。 7,638語 "Jumanji": Level 2 (Penguin Readers (Graded Readers))作者: Todd Strasser出版社/メーカー: Pearson Japan発売日: 2008/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見…

空飛び猫、帰ってきた空飛び猫

原書は3巻もので多読で読んでいる。 日本語で読むとやはりファンタジーなのだなと思う。 村上春樹には是非第3巻も訳してほしいところ。 空飛び猫 (講談社文庫)作者: アーシュラ・K.ル・グウィン,Ursula K. Le Guin,S.D. Schindler,村上春樹,S.D.シンドラー出…

妖怪アパートの幽雅な日常(10)

いよいよ大団円というわけなのだが、最後はサイコダイビングとは。 妖怪アパートの幽雅な日常(10) (YA! ENTERTAINMENT)作者: 香月日輪出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/03/11メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 54回この商品を含むブログ (12件) を見る

The Mirror Crack'd from Side to Side - Penguin Readers Level 4

Miss Marpleシリーズ? 久しぶりに本格的に先を読みたいと思った本。 20,135語 Penguin Readers: Level 4 THE MIRROR CRCK'D FM SIDE SIDE (Penguin Readers (Graded Readers))作者: Agatha Christie出版社/メーカー: Pearson Japan発売日: 2011/02/24メディ…

妖怪アパートの幽雅な日常(9)

特に大きな盛り上がりもなく、終わる。 次が最終巻のためか、一番最後で。。 妖怪アパートの幽雅な日常 9 (講談社文庫)作者: 香月日輪出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/11/15メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る

初陣

以前読んだはず。 短篇集でテンポよく読み進められる。 主人公は竜崎ではなく、伊丹。 初陣 隠蔽捜査〈3.5〉作者: 今野敏出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/05メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 40回この商品を含むブログ (20件) を見る