昔々あるところに・・・−中場利一

4年前くらいだったか、岸和田少年愚連隊を読み、サラリーマン・ノークライを途中で止めて以来、久しぶりに中場利一のものを読みました。
いつもどおりといった、馴染み感のあるエッセイ。