読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死神の精度-伊坂幸太郎

死神の精度 読了。なるほど、そうきたかという読後感。
伊坂幸太郎

に続く3冊目。共通しているのは軽いというのか、さらさらしたというのか、淡々と話が進む印象ですね。悪くはないですが、もう少し「残る感」があっても良いかな。

死神の精度 グラスホッパー (角川文庫) 重力ピエロ (新潮文庫)