ジロ・ディ・箱根−エンゾ・早川

ジロ・ディ・箱根 を読む。
どうも文体というのか、気取った印象があって、好きになれない。
ジロ・ディ・箱根