読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偉大なる、しゅららぼん

何というか、鴨川ホルモー鹿男あをによしを足して二で割った感じ?
この著者は森見登美彦と同時期に読み始めたのだけれど、多彩な印象があるのは森見の方かな。
ただユーモアとしてはこちらのほうが馴染みやすい。
偉大なる、しゅららぼん

偉大なる、しゅららぼん