読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沈みゆく帝国

読書
前半のスティーブ・ジョブズがなくなるまでの記述も良いのだが、この本の価値は中盤以降にある。
解説にもあるが、これまでの多くの本がスティーブ・ジョブズもしくはAppleのデザインに関する良い側面についてのものであったのに対し、少なくとも日本ではあまり多くが語られていないフォックスコンでの話し、サムソンとの訴訟など、負の側面について書かれている点が興味深い。
沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか