読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アホの壁 - 筒井 康隆

アホの壁 (新潮新書) 読了。
久しぶりの筒井康隆です。最後に読んだのはいつだろう?
最初に読んだのは小学校で、SFジュブナイルの「時をかける少女」。当時は筒井康隆という著者名は知らなかった。
その後中学校だったか高校の頃に、小松左京星新一ショートショートと併せて読んだ。「あるとき星がつぶれた・・」というような、とても短いショートショートが記憶に残っている。
でもどちらかというと、小松左京のファンだったです。

アホの壁 (新潮新書)