読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計算機プログラムの構造と解釈(SICP) 第2版のKindle化

SICP Kindle

SICPと略される『計算機プログラムの構造と解釈』の第2版日本語版のPDFが公開されている。github.com
SICPの日本語版書籍の和田英一訳とは独立して翻訳されたもので、本家?サイトからもリンクがはられている。sicpebook.wordpress.com

SICPは書籍を持っているのだが、永らく積読状態にあり、これを機会にKindleで読もうと思い立ち、早速ダウンロード。
Kindle Fire HDX8.9でPDFとして読む分には、PDFであることの制約以外(※)は問題なし。
※は

  • 固定レイアウト
  • 検索ができない
  • ナビゲーションができない
    • ナビゲーションメンニューがない
    • 脚注に飛んだり戻ったりが手作業になる

など。

Kindleで読む限り、やはりリフロー型の電子書籍で読みたいところであるし、長時間読むのはPaperwhiteを利用したいところ。ただPDF+Paperwhite ではさすがに快適に読むというわけにはいかない。Paperwhite向けに最適化されたpocket版もあって改善はするものの、やはりPDFを読み続けるのは(少なくとも私にとっては)厳しい。

なんとかKindleでの快適読書を目指し、Web上で公開されている和田版はを元にしてKindle化を始めることにする。Web版は、中間稿をTexから変換したもののようで、書籍に含まれていないTypoや変換時の誤りも含まれていて、Kindle化にあたっては少々手直しが必要で、更にPNGファイルで参照されている図でheight属性が指定されているものはKindle向けに%指定へ変更する必要もあり、なかなか手間がかかったものの、少しずつ作業を進め、

  • 2章までのテキスト部分
  • すべての図

についての出来る限りの修正を行い、Paperwhiteの等幅フォント問題も、フリーフォントCSSのフォント指定で対策し、一応読めるレベルにはなってきた。

勢いにのってFireでも・・と思ったが、テキスト部分とフォントは良いものの、図の表示サイズに問題があり、PaperwhiteとFire用とでは img タグの属性指定を変更しないといけない模様。